頭皮の紫外線予防には心がけること

薄毛を隠すのではなく、紫外線の予防です。
紫外線は有害であり、ガンを誘発する恐れモアあるからです。

特に夏場の強い紫外線は、髪のケラチンを破壊し、キューティクルがめくれて、浮き上がります。髪の毛は紫外線によって痛めつけられると言われている。チョット擦れただけで、キューティクルが剥がれ、髪の毛の潤いを保つ蛋白質や脂質がシャンプーの際に溶け出しやすくなると言われています。

髪は変色したり、カサついたり、共どが低貸し、抜けやすくなるんだって。

目では見えないことなんですが、本当にいろんなことが起こるということになります。頭皮が日焼けして炎症を起こしたり、日焼けした箇所の毛母細胞がダメージをうけることで、抜け毛や薄毛を招いしていますために、やはり心がけなくてはいけない。

私としては、太陽の光を当たることは、プラスになるかと思っていたんですが
長時間に渡り紫外線を受けると抜け毛に関係するために、心がけなくてはいけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加