緑洋食野菜を食べる

どうしてミノキシジルを使うことで、髪の発毛効果があるのか?
これは頭皮の血流を活発にするからです。そして、血液の中には髪に必要な栄養分が含まれているために、毛乳頭につながり、髪の成長を活発にしてくれるわけです。

しかし、普段から栄養のあるもの、髪に必要な栄養分を体内に吸収していなかったら、ミノキシジルの効果も意味がありません。

フライドポテト、加熱したソーセージ、唐揚げ、ハンバーガーなど、油っこいもの、たしかにおいしい食べ物で、あきることなく、沢山食べることができます。

たまに食べるくらいなら気にしなくても良いと思います。
でも、これらの食品を毎日のように、長年に食べ続けるとどうでしょうか?

やはり、髪のことを考えると、刺し身などの生の魚介類、野菜、果物などが効果的です。
野菜はゆでたり蒸したりしても構わないので、毎日食べること。

栄養分の高いものは、髪の発毛効果だけでなく、肌のエイジングにも役立ってくれます。
特に、βカロテンやビタミンCという栄養素を豊富に含まれている野菜はオススメですね。

ビタミンCが蓄積されたメラニンは、髪の元を作りつつも、肌や爪をキレイにしてくれます。

更にコラーゲンを作っているタンパク質などは、髪の成長とともに、お肌のシミやそばかすの予防や改善にも期待できます。

一般的に、野菜や魚を嫌い人が多い傾向になりますが、この栄養が豊富な食べ物をそこなうことで、抜け毛やお肌のアレに関係してきます。

全体的なバランスを考えて、毎日のように吸収しておくことが重要になりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加